スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 戦場のヴァルキュリア *  のほほんと実況 最終回

2009年04月07日 06:35

イサラ、ありがとう。
第7小隊のみんなありがとう。
ウェルキン、アリシアお幸せに!ありがとう!
SEGAの開発者さん達、ありがとう。
そして、見てくださった皆様、本当にありがとうございました。

私の言いたいことと、小隊のみんなのその後は動画にて^^



もし削除されたら、こちらでご覧下さい。
↓↓↓↓
http://zoome.jp/123komeresu/diary/6/

クレジットが終わったので、〆ようと、何回かお礼を言ってしまっていますが。。。
最後までお付き合いしてくださった方!
イサラ見れましたね!よかった^^

そうそう!人物総覧が更新されてて面白い事になってるので、
そこだけの【おまけ】動画 or 生配信 やりたいです。
人物総覧+遊撃戦闘ハードかなw

次回の実況はまた、徒然の方でお話しますね。

ひとまず、お疲れ様でした!
スポンサーサイト

* 戦場のヴァルキュリア *  のほほんと実況 Part 70

2009年04月07日 06:05

マクシミリアンがどんどん捨て鉢になってくのは、
結局傷つける事でしか、
心の表現の仕方を知らないタイプだからなんじゃないでしょうか。

誰にも理解されない、成し遂げられないと
自傷に走るのは、
誰しも経験があることなんじゃないかな。

内面の葛藤を想像すると、マクシミリアンにもファルディオにも
なんだか切ない気持ちになってしまいますね。

でも、女心がわかんないやつは、ひどい目にあってとーぜんです!wwwwww



結構、あっさり倒してしまいましたね!
あそこで二回連続で全体魔法使われたら、持久戦だったかもしれないですね。
運がよかったのかも><

さー、後はエンディングだけです。 →最終回へ

* 戦場のヴァルキュリア *  のほほんと実況 Part 69

2009年04月01日 07:01

人が体を動かす理由が、
これだけ違うんだって。今回のシナリオ。

聖槍の脅威はさっても、人の野望や欲望が残ってしまう。
断ち切るには、憎しみや武力の応酬だけじゃ解決できない気もする。

自分だけじゃ、変われないかもしれない。
自分だけの世界なら、変わる必要もないのかもしれない。
だけど、人との繋がりがあるから、世界も自分も変わるし、変えられる。

そして、目の前の問題を堅実に解決していけば、
その時間と可能性は広がっていく。
負けないでほしいな。
全ては、心しだいだから。



金八の卒業式のコメントに吹きましたw
たしかにw
あの時、不覚にも目頭が熱くなってて、
自分でも(ノ∀`)アチャーって思いました。

動画の長さ・・・・長いですか???
ちょっと、最近キリがいいところが見当たらなくて(*´Д`*)
もう少しで終わりですけど、短い方がよろしければ
編集します^^

* 戦場のヴァルキュリア *  のほほんと実況 Part 68

2009年03月30日 09:16

マクシミリアンの巨大なもの好き、男の子は巨大なモノにあこがれがちなんでしょうか?w
プロフィール見たら、準皇太子なんですね。
だから、そのままだと即位できないんですねぇ。
某ニッポンポ(ry・・・
帝国を憎む理由はなんでしょうね?
もしかして、おかぁさんの暗殺だったりしてw



話は確かに、反逆のニッポンポンに似てる部分がありますが、
平和を願い、足に地をつけて、人の命を奪ってく生々しさは・・・
このヴァルキュリア独特のものかもしれないですね。
主人公は、やっぱり人がいい方が安心できるねwww

* 戦場のヴァルキュリア *  のほほんと実況 Part 67

2009年03月28日 05:48

マクシミリアンが死んでも、帝国はあり続ける。
一度奪われた故郷を独立させるのは、骨が折れることかもしれないけど
イェーガーならやれるさ(o^―^o)

とゲームに本気語り。

正直、こういう攻略方で合ってるのか
毎回なぞなんですけどねw




そういえば、私は実況撮ってる時間より、
見てる時間の方が多い(おいおいw)
実況厨なんですけどwww
オススメの実況なんか、マイリスでまとめて
リンクの部分に張ってみようかな!^^
個人的に更新楽しみにしてる、有名じゃない人も
たくさんいるよ!
私が偉そうに、勧められる立場じゃないですがw
まぁまぁ・・・。きっとニコニコできますから^^^^

*晩酌のお供ですw*
好きなモノから入れてったら、レトロゲーばっかw
不定期で追加、入れ替えします。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。